トレンドやニュース批評

車庫証明をとるのに、1万5千円近くとられる?ネットで裏ワザ発見!

車庫証明の申請
この記事は約1分で読めます

車の車庫証明、賃貸に住んでる方で無駄な費用使わずに取得する方法、知りたくないですか?

車庫証明は、新車の入れ替えなどで必要になってきます。

ただし、賃貸物件に住んでいる場合はちょっと問題が発生します。

それは、自動車保管場所使用許諾証明書の件。

たかがハンコ1個押すのに、5千円とか1万円とかとりやがる。

マジでぼったくりだと思いませんか?

私も実際に、使用許諾証明書を書いてもらおうと管理会社に相談すると、1万円必要と言われました・・・。

 

なんという、ぼったくり!!

この費用を何とかできないものか・・と私が検索して見つけた方法を、この記事に来てくれたあなたにだけ、教えますよ!




車庫証明に必要な使用許諾証明書が不要になる裏ワザ!

これは、全国どこでもOKな裏ワザではないので、あくまでも参考レベルに。

 

そして、最終的には各々の担当警察署に問い合わせが必要となります。

 

さて、その方法とは・・・・

 

 

賃貸契約をしたときの、契約書で代用できることがある、ということ!!

 

実際にこの事実をネットで知った時はびっくりしました。

 

そして、1万円もの大金をぼったくられるくらいならば、警察署に聞いてみよう!

 

と実際に聞いてみたところ、内容を見なければわからないけど、とりあえず持ってきてください、とのこと。

 

必要な条件としては、「使用許諾証明書」に記載すべき内容とまったく同じ内容が契約書に記されていれば、問題がないということ。

つまり、

  1. 契約者
  2. 使用者
  3. 場所
  4. そして、使用者・契約者の認印

があればおそらく大丈夫でしょう。

私の持っている契約書はそれをクリアしているので、5月1日にちょっと試しに持って行ってみようと思います。

 

それでちゃんと証明書の代わりになったならば、また記事に追記したいと思います。

 

追記:

車庫証明は、管理会社に「駐車場使用許諾証明書」を書いてもらわなくても申請できました!!!

 

10000円払わないといけないところをたった320円で済みました。